インドネシア マンデリンG1 バタックブルー(SC)

indman-bb

インドネシア マンデリンG1 バタックブルー(SC)  (indman-bb)

販売価格(税別)
¥14,200
在庫状態 : 在庫有り

伝統に基づくマンデリン最高峰

13,000以上の島々からなる多民族国家インドネシア。その一つ、スマトラ島の北部に居住する民族「バタック族」の地域がマンデリンの起源とされています。直径約100キロ、幅約30キロの大カルデラ湖「トバ湖」は、大昔に3度にわたる世界的規模の噴火によりできた湖です。バタック族は伝統的に先祖を大切にし、教育熱心であり、コーヒーの栽培に関してもその純粋で熱心な姿勢があらわれ、インドネシアでも最高品質のコーヒー豆の産地となりました。標高1100-1400mの高地、特殊な気象条件が独特の風味豊かなコーヒーを育てます。

スマトラ島北部のトバ湖南部リントン地区。高品質なスマトラ・マンデリンを生産する地域として有名なリントン地区の中でも特にオナンガンジャン、リントン・ニフタ、ドロク・サングルの3地域は非常に品質が高い反面この地域独特の特殊な地場市場の関係から入手が困難な地域でもあります。

商 品 名 インドネシア マンデリンG1 バタックブルー(SC)
原 産 国 インドネシア共和国
原 産 地  バタック地区
品 種 Jember, Ateng, Onan Ganjang, USDA
標 高 1100-1400m
精 製 スマトラ式
入 港 月 2020年1月

 

数量袋(10kg)